ALL MENU CLOSE
OokawaShouji Real Estate Investment

プロが教える不動産投資マガジンReal estate investment magazine

プロが教える不動産投資マガジン

不動産投資に関連するニュースや
お役立ち情報が満載!

不動産投資マガジン

不動産業界の未だに続く昔からの古い習慣…物件止め

不動産業界には賃貸・売買業務に関わらず。
契約の前に契約する意思を示す。

賃貸だと入居申込書・売買だと買付証明という書類が存在します。
昔はこの書類が相手業者に渡った瞬間から物件止めをする時代がありました。

物件止めとは、他の業者と目的の物件で契約行為をしないとようにしてもらう事です。
但し、昔の物件止めは十中八九契約にまで進むことがほとんどだったので、物件止めが成り立っていたのです。
しかし、近年この物件止めの習慣だけが一人歩きしてしまい。
実際に契約にまで至るケースが減少してきています。
原因は色々ありますが、根本的な理由は不動産業者の詰めが甘いからです。
契約者様との契約に至るまでの色々な場面で意思確認や物件に関する情報を伝えておかなければならないのですが、この業務を怠り、先に物件止めを優先してしまうのです。
物件止めを優先する事で何が起こるかというと、後で契約ができないなんてことになってしまいます。
勿論この入居申込書や買付証明に法的効力は何もありません。
ですから、契約者様は契約しなくても、何ら問題はないのです。
では、こんな書類になんの意味があるのかと聞かれると何の意味もないのです。
最近の不動産業者では物件止めは契約行為が可能になる要素が揃うまでは物件止めはしない傾向になってます。

松原市天美北【敷金礼金0円】【ペット飼育可】の室内新築そっくりな一軒家賃貸

契約行為が可能になる要素とは契約日や引渡し日更に、賃貸だと入居審査がクリアする事、売買物件ではローンの確約が取れてからなどの契約できるまでの過程をクリアしてから物件止めを受け付けつけるという方法に変わってきていますが、
未だに物件止めは早い者勝ちなんていう昔の常識を持った業者は存在します。
時代が変われば常識も変わると言いますが、不動産業界の常識は中々変化しにくい業界です。

◆◇物件に愛情を持つ不動産経営のご相談は、大阪・堺で長年、信頼と実績を積み上げた大川商事へ!◇◆

*≪お問い合わせ・無料相談はコチラ≫

監修アドバイザー大川貴仁

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この記事をSNSでシェアする

マンション・戸建・土地・事業用の不動産のご相談・売却・査定は
堺市で創業50年の地域密着の大川商事へお任せください。
相談・査定は無料・『秘密厳守』

▽当社HPにて《プロが教える不動産マガジン》▼

https://ookawa-s.co.jp/

▼競売代行・サポート業務はコチラ▽

http://981.jp/fc/top_top.action?mrecId=ookawa&viewType=0

▽大川商事株式会社社長 CEO大川ブログ▼

http://ameblo.jp/aoihome0/

▼新築・中古物件・リフォームなどの室内動画は▽

https://www.youtube.com/channel/UCzQHXjy5838Pq5OYqgXigtQ

初めての不動産投資マガジン】倶楽部ニュース

丸野裕行編集長×大川貴仁監修アドバイザーの初めての不動産投資マガジンの
動画を京都祇園東もお茶屋まんの宴会広間で
初めての不動産投資マガジン紹介動画を撮影致しました。

【号外!】大手ポータルサイト・ガジェット通信の新コーナー《業界のウラネタ》撮影完了!鋭意編集中!
様々な雑誌や著書、ポータルサイトを日々執筆中の当サイト編集長・丸野裕行のガジェット通信好評連載企画がさらにパワーアップ!

《売却物件大募集中》高価買取実施中です(^^♪

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

掲載無料!「元付・売主物件」専門検索サイト

Seminar information

不動産投資セミナーで学んで、5年で家賃収入1000万円。
初心者も安心の「スクール型」セミナー開催中!!

OokawaShouji Real Estate Investment Seminar

大川商事の不動産投資術セミナー受講者様で
年間家賃収入1000万円を突破されたオーナー様続出!!

大川商事の不動産投資セミナーは創業は55年の実績をフル活用した
不動産投資で確実に収益を上げる方法
不動産投資で失敗しない方法
を学んで頂くセミナーです。
このセミナーで年収1000万円の不動産投資家を目指しませんか?

次回セミナー申込 2020.03.07(大阪・御堂筋) 無料!申込簡単3分!